OBS

ぶっちゃけ!春だから…お家を売る方!光陽商事です! のお話!

2020/02/27  |  ブログ

■コモエスタ松本渾身の今日の一曲: 東京待ちぼうけ(沢田あきらとハーバーナイツ)
この曲は1986年9月発売です。
どちらかというとマイナーなムード歌謡曲ですが、ムード歌謡をたくさん聴く方はどこかで出くわすことは間違いない「隠れた名曲」といえます。
曲の内容としては遊び上手、別れ上手、浮気上手、だまし上手な男に惚れた女性が主人公。いいかげんな男と分かっていても忘れられず、東京の街をあれこれ探しまわる…という設定です。
この曲は大ヒットしたわけではないのですが、業界内では評判が良かったようで…なんと5組ものグループがこの曲をリリースしています。
本日お届けした沢田あきらとハーバーナイツをはじめ、原ひろしとアルバトロス、グリーングラス&貴美、エル・パピヨン、ロス・インディオスなども…
人によって好みは分かれるかもしれませんが、当時は…各グループともに甲乙つけがたい仕上がりになっていると賞賛されておりました。

 


春だから…と季節には関係ないのかもしれませんが…お家を売りたいと考えている方、ちょっとお話を聞いてくださいね。

世の中にはたくさんの不動産会社のキャッチフレーズがあり、例えば「あなたの大切なお家…○○へ」や「高価買取」などと一度は聴いたことがあるでしょう。

そこで、お家の売り方としては主に2つのパターンがあります!
【1】不動産会社に仲介して売り広告を出してもらって、買い手を探す。
【2】買い取り査定をしてもらう。
さあ、どちらがお得でしょうか?

絶対とは言いません・・・が
【1】の場合は、流通価格を無視するととんでもなく安くなるケースがありますね。
どこまで安くなるかなんて購入を検討している方はネットで結構チェックされていますし「値交渉」といって実際の値段よりも安く希望を出すことが多い。
実際たくさんの不動産会社の広告掲載してもらうのも価格面で逆効果というケースもあります。

【2】は複数社で買取り価格を比較することが大事です。結構買取りって安いんじゃない??と思われていますが、買取りリフォーム再販の場合で価格が逆転したケースもありました。

そこでお家を売るときは何が大事か!をお伝えしたいと思います。
不動産業者の腕のみせどころですが…
◎不動産業者としての「出口」をどのぐらい持ってるか?広告を打たなくても業者間で販売ニーズを探れる業者の価格は強い。
◎広告を出してしまうと公開情報となってしまい価格はあってないようなものになることもある。

そこで当社ではお家を売りたい方の身になって売却を進めていくことをお約束します。
不動産は単なる価格査定では測れないものがあります。また市場ニーズを素早く把握して、時間をかけず価格を下げない工夫をいたします。

また、不動産業者を選ぶポイントとしては…
専任媒介契約にこだわる会社はやめたほうがいい。
両手仲介にこだわる業者は信用してはいけない。
「高価買取」なんてそもそもない。流通価格しかない。車と同じです。
報告をしない会社は物件をほっぽり出している。
相談に親身にのってくれない業者はやめた方がよい。

だからお家の売却には特にこだわっています。まずはご相談いただきたい。きっと納得できるお家の売り方! “これがウワサの不動産 光陽商事" というわけです。

 


大好評の光陽商事 「コモエスタ松本」のyoutubeを光陽商事の営業日 毎日アップしています!
最新の物件をコモエスタの解説付きで紹介したり、この番組「よもやま話」のコーナーに続く動画版としてご覧いただければありがたいです。
Youtubeは「コモエスタ松本」で検索してね。

あなたに役立つ情報がゲットできるかも…っーか コモエスタ松本ってこんな人物なのか!と映像で見ることができます。
他にも… ホームページ → https://www.koyo-estate.com
facebook → https://www.facebook.com/koyogroup1965/
光陽商事twitter → https://twitter.com/koyo_estate1965
コモエスタ松本twitter → https://twitter.com/comoestar7

『これがウワサの不動産!』光陽商事
大分市府内町3丁目3-13 D-Style府内
(大分中央郵便局そばのコモエスタ松本の大型看板が目印)
電話 097-538-0888
今日お伝えした情報をもっと聞きたいという方…不動産のことなら何でもお気軽にお問合せください。