OBS

ぶっちゃけ! おとり広告に騙されるな?!

2019/10/24  |  ブログ

■コモエスタ松本渾身の今日の一曲: くちづけ(鶴岡雅義と東京ロマンチカ)
1972年(昭和47年)の曲です。
リードヴォーカルは長年このグループで歌われた方は三条正人さんです。
三条正人さんは、1965~74年までグループで活躍し、2017年お亡くなりになりました。
三条正人さんといえば、奥様は女優の香山美子。おしどり夫婦と言われたお二人。
リーダーの鶴岡正義さんのギターはムード歌謡界では特徴的なものでした。

 


おとり広告とは、客寄せのための架空広告のことです。
最も悪質な不当表示として、広告規約で禁止されている行為です。
具体的には、実際には存在しない架空物件の広告または存在しても広告内容と実物が異なるものを指します。
●広告掲載の数ヶ月前に売却済みの物件や、オーナーから売却依頼のない物件の広告
●物件はあっても、広告主が売却意思のない物件の広告
などというものが該当します。
本当に、過去にはこのようなことがあったようです。最近のネット社会では公開した広告の情報が伝達しやすく、かなり少なくなってきたようです。
実例としては…
不動産事業者に問い合わせをしてみると「紹介できます」と言われ、店舗まで出向くと「先ほど、申し込みが入ってしまいました」と別の物件をおすすめされる……。

でも、まれにこのような直前で「買付」が入るということはあるのですが、悪意があってのことならとんでもないののだと思います。

そこで、「この物件、いいかも」と思ったとき…おとり物件ではないかを確認するために一番いい方法は、不動産事業者と「現地待ち合わせ」がいいでしょう。
そうすれば、実際の物件の所在地ですから、状況で判断しても「架空物件」なのかということがわかったりするでしょう。問合せで話のつじつまが合わないや、現地を拒むなんてこともできなくなりますから。

要は、異常に安い物件やお得物件がいきなりポータルサイトに掲載されるということは、まずないと思いますからそこでもなんとなくわかるのかもしれません。もちろん、最近は減少傾向であることは確かです。

そこで不動産購入のご相談なら、まずは光陽商事にお問合せください。親切丁寧にご相談を伺います。
今日はそんなぶっちゃけ おとり広告のお話でした。

 


「不動産用語に強くなろう! 今日はスペシャルなお知らせ!」

今回は、スペシャルなお知らせコーナーとして11月2日(土)~4日(月・休)3日間開催される、大分市中尾「カームタウン野田」中古住宅の「オープンハウス」を告知しました。
120坪の敷地に50坪のお家で3LDK 築15年の2,780万円のお家で、こだわりはまず通常の3倍の基礎工事を施しており、地震にも強い住宅です。
お家も重厚感があり、全面バリアフリー。お年寄りや特にお身体のご不自由な方も快適にお住まいいただける設計となっております。駐車場からもゆるやかなスロープ仕様になっています。
何と言っても…ホームエレベータも設置されており、ご年配の方でも2階建てを意識せず昇降もラクラクなので快適かつ安心してお住まいいただける物件をご紹介いたしました。


大好評の光陽商事 「コモエスタ松本」のyoutube 営業日は毎日アップしています!
最新の物件をコモエスタの説明付きで配信したり、よもやま話として、このコーナーに続く映像版としてみていただければありがたいです。
Youtube → 「コモエスタ松本」で検索

あなたに役立つ情報がゲットできるかも…っーか コモエスタ松本ってこんな人物なのか!と映像で見ることができます。
他にも… ホームページ → https://www.koyo-estate.com
facebook → https://www.facebook.com/koyogroup1965/
光陽商事twitter → https://twitter.com/koyo_estate1965
コモエスタ松本twitter → https://twitter.com/comoestar7

『これがウワサの不動産!』光陽商事
大分市府内町3丁目3-13 D-Style府内
(大分中央郵便局そばのコモエスタ松本の大型看板が目印)
電話 097-538-0888
今日お伝えした情報をもっと聞きたいという方…不動産のことなら何でもお気軽にお問合せください。